• 企業情報

    Li-Hsing(力興)は、ISO 9001:2015およびIATF16949:2016国際認証を取得した自動車および二輪車用部品の合格サプライヤーです。1984年、江栄華取締役社長により設立されました。冷間鍛造に関する数々の経験が時間と共に蓄積されているほか、カスタマイズされた鍛造品の大量生産に成功しています。冷間鍛造および温間鍛造のワンストップ設備を備えており、ソーイングマシン、球状化焼なまし、リン酸塩皮膜処理ライン、鍛造機、高周波誘導加熱炉などはすべてLi-Hsing(力興)の工場内で完結するため、委託加工が不要です。また、自社で金型を設計し製作する能力を備えています。金型の設計においては、これまでに積み重ねた鍛造経験を活かすほか、鍛造シミュレーションソフトを組み合わせ、新製品の開発に費やす時間を短縮しています。

沿革
  • 2022

    Uウェブサイトをレスポンシブウェブデザインにアップデート。

  • 2020

    Li-Hsing(力興)のチームが科技部の審査に合格し、二林中部サイエンスパークへの参入資格を取得。

  • 2019

    Li-Hsing(力興)のチームは指導を受けた後、ISO9001:2015およびIATF16949:2016国際認証の取得に成功し、国際的な合格自動車用部品製造メーカーとなる。

  • 2018

    特殊なモールドベースで3D鍛造技術を実現し、温間鍛造品の量産に成功。

  • 2014

    電動ハンマー用部品の開発に成功。

  • 2008

    Li-Hsing(力興)はTS16949:2009(自動車産業の国際的な品質マネジメントシステム)に合格し、国際的な合格自動車用部品製造メーカーとなる。

  • 2006

    現在の台中工業区に工場を移転し、工場の規模が4倍に拡大。

  • 2003

    台中市工業区に工場用地を購入するほか、大量の品質管理機器、冷間鍛造機、焼なまし炉を購入。

  • 2000

    Li-Hsing(力興)はISO9001(品質マネジメントシステム)に合格し、合格金属部品鍛造メーカーとなる。

  • 1997

    台中市西屯区大河里197弄7号に工場を増設し、会社の規模が2倍になる。会社の規模をさらに拡大するため、新しい冷間鍛造機および旋盤などの設備を購入。

  • 1994

    自動化設備に多額の投資をし、日本の株式会社会田製作所から自動プレス機を購入するほか、密閉式成形冷間鍛造を開発し、鋼鉄の付加価値を高める。

  • 1988

    工場を改築して設備と電力を強化するほか、事業を拡大。申琦社から冷間鍛造機を10台購入し、自動車用のクロスジョイント部品および金属工具を大量に鍛造。

  • 1984

    台中市西屯区大河里福上巷197弄11号に会社を設立し、冷間鍛造事業を開始。

お問い合わせ
製品紹介
  • プレス機械
    名称 単位
    1200トン プレス 1台
    1000トン プレス 1台
    650トン プレス 6台
    400トン プレス 13台
    250トン プレス 1台
    160 トン プレス 6台
    160トン以下 プレス 6台
  • 打ち抜きプレス機
    名称 単位
    切断機 3台
    ソーイングマシン台 3台
    水平打ち抜きプレス機台 2台
    板材打ち抜きプレス機台 2台
    - -
    - -
    - -
  • 表面処理および焼なまし設備
    名称 単位
    サンドブラスト 2台
    自動表面処理ライン 1ライン
    10トン 球状化焼なまし 3台
    2トン アルミ材専用焼なまし炉 1台
    2トン 焼なまし炉 6台
    - -
    - -
TOP